熟れごろをねらえ

脚を開脚して座る

女性は、しばしば、木になる果実にたとえられます。つぼみが花になり、花の中から実が育ち、固かったものが陽を浴びてふくらみ、水気を帯び、柔らかくなり、熟れごろとなるのです。
それは女性の体が花開くように成長し、かぐわしい匂いを放つ成熟を得てエロくなってゆく様子とそっくりなのです。国分寺では、そんな「熟れごろ」の女性と風俗で逢えます。会うだけではなく、熟れたその生まれたままの、ふくらみを持ち水気たっぷりでやわらかなカラダを、味わうことが出来るのです。
ところで、そんな女性をめあてに、国分寺の風俗を訪れる男性のひとりひとりが、理想とする「熟れごろ」のタイミングを持っていることでしょう……というのはつまり、熟れはじめたばかりの、甘さと酸味がメリハリよくあるフレッシュな若々しい歯ごたえ抜群の果実を味わいたいという人もいるでしょうし、もっと熟成するまで待ち、さらにやわらかくなって奥深い甘みがにじみ出る頃まで待つという人もいるでしょう。
ま、簡単にいえば、若い子が好きなのもいるし、熟女が好きなのもいるだろう、ということなのですが。
国分寺の風俗は、そんな「俺は若い子にむしゃぶりつきたい」とか、「ボクは熟女をねっとり味わいたいですね」とかおのおの声を上げる男性たちのために、それぞれのお店を用意しています。それぞれが理想の熟れごろ果実を味わえるようになっているのです。
ピチピチ娘の専門風俗、そして熟女の専門風俗をそれぞれに国分寺の街で選び、利用するようにしましょう。